« QSOパーティー | トップページ | 昼休みのモービル運用 »

エレキー

Pk4_2

QSOパーティーにて144MでCW交信が実現しましたが、

我が家のV/UHF機であるIC-820Dには

エレキーが内臓されていません。

かなり前にインターネットで検索したホームページで見つけた

PICを使用したエレキー製作を行いました。

基板はかなり前にエッチングまではできていたのですが、

部品実装はせずにそのままの状態でした。

部品も実装して、PICも焼いて、電源ON!

動きませんでした…

PIC焼きに失敗しているようです。

ちょっと時間がかかりそうなので、

海外のショップでエレキーキットを購入しました。

配送に1週間かかりましたが、小さいのでまずまずです。

http://jacksonharbor.home.att.net/pk4.htm

製作後、特にトラブルなく一発でモールス音が聞けて良かったのですが、

小さなPICにいろいろな機能を詰め込んであるせいか、

操作がイマイチわかりずらく、Key Speedを変えるだけでも苦労しています。

|

« QSOパーティー | トップページ | 昼休みのモービル運用 »

キット製作」カテゴリの記事

コメント

コンパクトなエレキーですね。
移動運用の時に、最適ですね。
私も今、PICを使ったエレキーを製作しています。
PICにプログラムを焼けば、ほぼ完成です。
うまく動けば良いな。
動かなかったら、エレキーのキット買おうか考えています。
大変参考になりました。

投稿: JA1AAM | 2008年6月 2日 (月) 19時48分

JA1AAMさん、コメントありがとうございます。

今月のCQ誌の付録って、メモリーキーヤの基板なんですよね。
ここのブログでも記載したのですが、
今月号のCQ誌は2冊買ってしまいたいくらいです。
→ Yahoo Auction!にもこの基板が出品されてました!
(結局、いくらで落札されたのか不明です...)

製作されているエレキーが完成したら、
ご紹介いただけると幸いです。

投稿: JJ8GFL | 2008年6月 2日 (月) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレキー:

« QSOパーティー | トップページ | 昼休みのモービル運用 »