« アンテナポール | トップページ | 夕張郡長沼町移動(長官山)② »

夕張郡長沼町移動(長官山)①

090412_

掲載が遅くなりましたが、

日曜日に某A局と夕張郡長沼町にて移動運用してきました。

場所はあのなつかしい長官山です。

車で登れないらしいとの噂がありましたが、

なんなく登れてしまいました。

ご存知の方は写真を見ればわかると思いますが、

長官山山頂の展望台ではなく、その中腹?の広場です。

まずは先日入手したジュラルミンポールで

MDRFを上げてみます。

さすがに、ガッシリしてるし、ロックピンがあるとラクですねぇ。

風はあったのですが、重量級のアンテナではないので、

ステーを張らなくても全然オッケーでした。

リグはTS-570で、ATUはAH-4ですので、

チューン制御はそのままではできないのですが、

以前CQ誌に掲載されていたKENWOOD機用制御IFの出番です。

最初はリグのTUNEボタンを押しても

リグ内蔵のATUが動作してしまい、NGだったのですが、

リグのON/OFFを行うとAH-4がカチャカチャ鳴り出しました。

ただ単に外部ATUを接続しただけでは、

外部ATUを認識せず、一度電源をON/OFFしないと

認識しないことを学習しました。

でも、50Mに関しては例外で、どのようにやっても

リグ内蔵も外部ATUも動作しないことから、

50MはATU動作対象外という仕様なんだと思います。

→ リグのマニュアルにはAT-300接続での記述があり、

    50Mは対象外とありました

    (ATU-IFを外せば、内蔵ATUが動作します)

ここで動作確認なのですが、

各バンドでバッチリ、チューンできます。まずはOK。

リグのATUボタンでチューンできるのはやっぱり便利!

PWR絞って、モードを変えて、キャリアを出しながら

制御BOXのTUNEボタンを押す作業から開放されました。

さて、ワッチ&運用開始。

Japan InterNational DXコンテスト開催日ということもあり、

DX局も聞こえてきますが、バンド内ビッシリというわけでは

ありませんね。

14Mと21Mで11局のDX局と交信でき、

久々だったのでとてもうれしかったです。

それじゃぁ、Phoneで国内交信でもと思い、

21MでCQ出しましたが、やはり国内は開けていないようで、

空振りに終わりました。

で、7MにQSYし、SSBで声を出してみましたが、

なんか回り込みが発生してるっぽい。

今年に入ってどうも調子悪いです。

ATUの可能性が高いですが、今までなんとか凌いでこれたので

ここに来て少し残念です。

ALL JAの運用設備は考えないとマズいですね。

というわけで、コンディションも良くないので、

ALL JAに向けた調査開始です。

→ ②へ続く。。。

|

« アンテナポール | トップページ | 夕張郡長沼町移動(長官山)② »

移動運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕張郡長沼町移動(長官山)①:

« アンテナポール | トップページ | 夕張郡長沼町移動(長官山)② »