« リグ修理完了! | トップページ | 2009 KCWAコンテスト »

CQ WW CW 2009

今年最後のDXコンテストである CQ WWに向けて少し頑張ってみました。

外は雪はうっすら積もり、移動運用の季節ではないので、

マンションの2Fではありますが、なんとか自宅から運用したい!

ということで、いろいろアンテナスタイルを考えていましたが、

やはり便利なATUを活用する案で行くことにしました。

1エリアにいた時の運用形態だと、釣竿をベランダから出して、

というのが定番でしたが、やはり目立ちたくないので、

なんとかベランダ内で収まる形にしたい。

アースもベランダの金属部分が接地されていれば良いのですが、

不明だったので、ATUのホット/コールドにそれぞれエレメントを

接続する形としました。

091128_cw_ww_cw

ベランダの物干し竿に固定(というよりも、ぶら下がり)し、

上記の写真では見難いかもしれませんが、

φ0.7mmのエナメル線が左右に伸びています。

エレメント長は片側約2.5mですので、

ローバンドがどれくらチューニングできるか非常に不安です。

エレメントを折り返したりして、エレメント長を稼ぐ方法もありますが、

今回は面倒なので、これで妥協しました。。。

インターフェアや回り込みが心配なので、

コモンモード対策を強化しています。

写真ではATUの左下にぶら下がっているオダンゴがそれです。

以前に購入してあったトロイダルコアFT240-#43を2段重ねして、

W1JR巻きしています。同軸が3.5Dなので、巻数はあまり取れなく、

同相4回、逆相4回の計8回となっています。

091128_cw_ww_cw_2

ATUのコントロールケーブルも足りないので、

ビニール平行ケーブルを2本合わせて4線にして作りました。

本当はシールド線にしたかったのですが、

すぐに入手できなかった、高価、太い、ということで、

今回の材料となっています。→ 5mで\1000かかっていないです。

091128_cw_ww_cw_3

早速、居間のテーブルにリグをセッティングしました。

ATU動作は回り込みもなく、14MHz以上はバッチリなのですが、

やはりローバンドがうまくチューニングできません。

そこで写真の左に写っているMTU (DAIWA CNW-419) を使用して

なんとかチューニングすることができました。

で、肝心の運用の方なんですが、

コンディションが悪いのか、アンテナが悪いのかよくわかりませんが、

JA局しか聞こえないという状況でした。

夜になると寒くて撤収が大変なので、日曜の16:30で終了しましたが、

モービルホイップだけの方が良かったかな~。

来週末の KCWA は多分、モービルホイップだな。。。

P.S.

一昨日(11/27)、大腸カメラ検査を受けたら、

ポリープがあり、その場で切除してもらいました。

出血の恐れがあるため、今週末はずっと禁酒です。。。

1週間後に診断があるのですが、良性じゃなかったら、

無線どころじゃないかも。。。

|

« リグ修理完了! | トップページ | 2009 KCWAコンテスト »

コンテスト」カテゴリの記事

CW」カテゴリの記事

アパマンハム」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!!

私は結局仕事で~す・・・聞いてませ~ん・・
コンディションは?だめだった?か・・
う~そうですね~・・シングルモービルホイップの方が良かったかもですね・・
私も以前色々と試して・・打ち上げ角も低いし・・
欲を言えばホイップ&D.Pで切り替えながらが良いかもね・・
う~そうだ!屋上にタワーだ!!
そしてYAGIアンテナだ!!・・
ヤッタネ!! 決まり・・
ではでは・・


投稿: JM1CMA | 2009年11月30日 (月) 10時55分

JM1CMAさん、こんばんは。
マンションの屋上使えたら最高なんですけどね~。
うちで無線やる時はホイップで頑張ります!
ホイップと言えども、50M以下は接地が必要なので
ベランダの導通を確認するか、カウンターポイズにするか、
宙ぶらりんのまま無理矢理チューニングするかだなぁ。
以前試した時は宙ぶらりんでもチューニングできましたが、
やはり、気分は良くないので、カウンターポイズを
検討してみたいと思います。
ホイップは使う時だけ外に出すつもりなので、
ベランダアースは接続が面倒そうなので。。。

投稿: JJ8GFL | 2009年11月30日 (月) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CQ WW CW 2009:

« リグ修理完了! | トップページ | 2009 KCWAコンテスト »