LCメータ購入

ちょっとアンテナ周りの工作をしたくって、
LとCを測定したく、以前キットで製作したLCメータを探したのですが、
なかなか見つからない。。。
(札幌の自宅に置いたままか。。)
ま、悩んでも仕方ないので、
最近ちょくちょく使っているALI(中華製)のものを買ってみました。

Img_0345
価格は¥1,051円(送料0円)でした。さすが、中華製!

 Img_0343Img_0342

まずは、なぜかいきなりバリコン?!
千石電商で容量が大きめのモノを購入。。
CBM-113B-1C4
バリコンって普通は3端子だと思っていたのですが、、、
これは2端子ですね。
仕様は4PF~260PFのものです。

Img_0344

トリダルコア(T-68-#2)
コイルを巻いてみました。
n=21で2.51uHのハズなんですが。。
なんで?

キャパシタンスはセラコンとかちゃんと測定してみる必要はありますが、
インダクタンスはどんなもんですかねぇ。。。
中華製だからなのか、トロイダルコアの巻き方がダメ???

基礎的なところから、勉強が必要なのかもしれません。

 

 

| | コメント (0)

憧れのワイヤーストリッパー

電子工作を行う際、ビニール線とかを配線で使用しますが、
被覆を剥く時は、歯で食いちぎるか、カッターを使用してます。
さすがもに最近は歯でってことはほとんどなくなりましたが、
カッターを使用すると、チカラ加減で銅線まで切ってしまい、
どうしたもんかと思っていました。

ワイヤーストリッパーなるもの、電子工作を始めた頃から、
存在は知っていたのですが、プロ用の電工工具というイメージが強く、
憧れ(?!)の存在でした。

ところで、ワイヤーストリッパーって、
手動のものと自動のものがありますが、
ここでの憧れの的は、当然、自動のものになります。
手動のものであれば、専用の工具ではありませんが、
キボシ端子等のカシメ用の工具にそのような機能が付いており、
すでに所有済でもあります。
ただ、使いにくいので、ワイヤーストリッパーとしては
全然使用していない、ってのが実態かな。

最近、新たな工作を行っている状況ですが、
その中でビニール線の被覆を何本も剥くことになり、
ちょっと辛いな、と思っていたため、
憧れの贅沢品を購入することにしました。

Img_0228

前書きとしていろいろ書いてしまいましたが、
結局のところは、単に酔っ払った勢いで、
ポチっとしただけなんですけどねー。

購入したのは、上記の写真のもので、
酔った勢いでの購入ということもあり、
何も調べずに買ってしまいました。。
でも、あとからネットで調べてみたところ、
オススメ№1のモノらしく、安心した次第です。。

 

Img_0223

あとは、実際の使用について、
あまり線の太さを気にしなくても、ガシガシ、被覆剥しができます。
上位の写真は単線ではなく、2芯のシールド線なのですが、
全然問題なく被覆が剥せます。
もちろん、芯線の方も特に調整なしでバッチリです。

ちょっと重たくて、握るのにメカニカルな抵抗を感じますが、
これまでの作業から比べると、サクサク、被覆剥しができ、
作業効率が上がりました。
これなら、もっと早く購入していれば良かった。。
2,000円ちょいで買えるものなんで。。。

欲を言えば、これで5D-2Vとかの同軸コネクタ接続が
ラクになるといいんだけど、さすがにそれは無理ですね。。。

 

| | コメント (0)

パドルのリグ切り替えSWを作ってみました

ずっと気になっていたのですが、
コンテストでHFからV/UHFにQSYする時に
パドルのケーブル接続も変更する必要があり、
面倒なので、切り替えSWがあればいいなぁ、と思っていました。
ネット等では販売してはいませんが、単に機械的に切り替えるだけなので
製作は全然大したことないのですが、ずっと先送りになっていました。。

今回、やっと重い腰を上げて、製作してみました。

部材はロータリースイッチ(4回路3接点)と3.5Φステレオジャック、
それとケースがあればOKです。

ロータリースイッチとジャックは秋月電子で通販で入手、
ケースは少し大きいですが、かなり前(10年近く前?)に
購入してあった、タカチのYM-150を活用しました。

一番時間がかかったのは、やはりケースの加工ですね。。
インレタ等で文字入れすればカッコいいんでしょうけど、
表示ないとわからないものでもないので、今回は省略しました。。

これで、FT920, IC-7300, IC-911とのパドル接続を
簡単に切り替えできるようになったハズ。。
(まだ試していない)
→ 実際には、パドルというよりも、
    USB4CWとかのKEY outをこれにinputする予定です。
    この場合、ステレオジャックじゃなくて、
    モノラルジャックで十分なんですけどねー
    (汎用性重視、つーことで!)

-----
後日談ですが、、、
電鍵やパドルなどのリグ切り替えだけではなく、
ヘッドフォンのリグ切り替えにも活用できちゃいます!
(当たり前ですけど。。。)
でも、どっちも同時に切り替えたい衝動にかられており、、、
2連のロータリースイッチを使用して、
パドルとヘッドフォンの切り替えSWを計画中。。。
ヘッドフォンの切り替えについては、
外部SPも選択できるとベストかな。
→ アマチュアは進歩的じゃないとね!

 

20200613_20200614010002

20200613_20200614010001

20200613_20200614010003

20200613

| | コメント (0)

Arduino LCD

20180902180831

お盆休み前にaitendoさんでArduino用のLCDシールドキットが
安かった(666円!)ので購入してみました。
→ [K-SHLD1602-595]

うちに届いた週末にすぐに組み立ててはみたのですが、
すぐには動かなかったので、数週間放置してました。。
(お盆休みは具合が悪くて、ほとんど寝てました。。)

ハムフェアも終わり、週末何もすることがないので、
日曜の夕方になってやっと、思い腰を上げて取り組んでみました。

最初、コンパイルまではうまくいって、
LCDのバックライトが光るだけで、画面表示が全く出なかったので
基板の組み立てを行う時にとりあえず半田付けしてみた、
1Ωの抵抗が実は不要だったのでは???など考えていました。
(aitendoの商品はマニュアルがないので、、、部品の使い方も手探り。。)

webでググってみたら、使用するライブラリが違うことが判明。
入れ替えてみると、今度はコンパイルエラー。
またまたググってみたら、インクルードファイルの重複らしい。
→ インクルードファイルをリネームして提供してくれればいいのに。。!
     <LiquidCrystal.h>

最初は安易にインクルードファイルのリンク先を変更してみたら、
コンパイル時にもっといろいろなエラーが出てきて手が負えません。

元々のライブラリフォルダの直下の LiquidCrystal フォルダを
別のフォルダに退避して、そこに該当ライブラリで置き換えてみたら、
素直にコンパイルも通り、冒頭の写真の結果となりました。。。

単なるサンプルスケッチを動かすだけで、こんなに苦労するとは。。!

今やろうとしていることは、CI-Vの信号をLCDに表示させたいのですが、
先は長いなぁ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CI-Vインタフェースの製作 (FT234X)

IC-7300とPCの接続をいろいろトライしていますが、
COMポートが1つしかないので、いろいろ制約があり、
今後、苦労すると思うので、CI-Vも併用できるようにしようと思います。

かなり以前にヤフオクで購入したCI-Vインタフェースがあったので
引っ張り出して接続してみたのですが、全然認識しない。。。
(以前は認識していたのですが。。。壊れたのか、Win10用ドライバ?)

購入しようかとネットを調べてみたのですが、
よく考えてみると、秋月電子で買ったUSB-シリアルIF変換モジュール(FT234X)が
手持ちであることに気付き、急遽、自作することにしました。

20180408151142

とりあえず、動けばいいので、ユニバーサル基板に実装しました。
FTDIからドライバをインスートルし、COMポートが見えるようになったので、
Ctestwinを起動してみましたが、なぜか認識されません。
わからないので、製作に失敗したか、、、と思いつつ、
そのまま寝てしまったのですが、翌日デバイスマネージャを見てみたら、
別のCOMポートとして認識されており、うまくいきそうな雰囲気。。

今日はここでタイムアップですが、また少しづついじってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Arduino グラフィック液晶表示

思うところがあり、Arduinoに再び挑戦です。
今回はグラフィックLCDへの表示へのトライです。

モノクロのキャラクタLCDへの表示は既にトライ済ですが、
今後の無線グッズへの適用を見据えると、
やはりカラーグラフィック液晶が必須となりますので
チャレンジすることにしました。

まずはいつもの中華な国内販売店であるaitendoにて
ディスプレイを物色しました。
あまり大きすぎても高いし、ケーシングする際にも大変なので、
手ごろな2.2インチのものをチョイスしました。

20170819160125
20170819161438

表面と裏面の画像です。
表面はあまり特記すべきコメントはありませんが、
裏面については、SDカードインタフェースが実装されています。
フォントや画像ファイルなどをSDカードから読み出して
表示することが可能です。


20170820231847_2

aitendoのサンプルスケッチを加工すればなんとかなるかと思っていましたが、
コンパイルすらできない状況で、ネットでスケッチを検索しても状況は解決できませんでした。
液晶コントローラはILI
ふと、上の方の写真にもある、液晶コントローラはILI9840だと思っていたのですが、
実はそうではなく、PT板のシルクを見ると、ILI9828だろう、、、ということで、
該当のスケッチをネットで探したところビンゴ!
なんとか、上記写真のようなグラフィック表示をさせることができました!
→ ここまで丸1日かかった。。。

あとは、この液晶にキャラクタ表示をさせることができれば、
本ミッションのクリアとなります。
購入した液晶コントローラが実は違っていた、なんてことは、
大陸のショップで購入した場合はよくあることのようですが、
まさか、aitendoでもあるとは。。。単なる梱包間違いか?
定価は\1750のものが\1350で購入できたのは良いのですが。。。

目標に近づけるために、もう少し頑張りま~す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルIFの製作

かねてより計画していたデジタルモードIFを
今回のGWを活用して完成させることができました。

10年近く前にPSK31用に製作したインタフェースはあるのですが、
アイソレーションという意味では十分ではなく、
かつ、レベル調整がケース内の半固定抵抗で行いようになっているので、
常に微調整を行いたい場合には、ケースを開けなければなりません。


Dsc_0002

上のインタフェースがそれです。
バンド変更するたびに微調整が必要なので、
やっていられません。。

そこで、今回製作したのでこちらです。

20170504003544

20170504003535

20170504003055

特徴は以下。
  ・アナログAudioは敢えて外付けとし、
    トランスでアナログ的にアイソレーションを強化。
  ・PTT、FSK、CWの信号については、
    フォトカプラでアイソレーションを強化。
  ・Audioの変復調信号については、ボリュームを外付けにすることで
    バンド毎の微調整ができるようにした。
  ・切り替えSWを付け、リグを2台接続できるようにした。

現状、2台目のリグの結線はやっていない、
USBインタフェースはまだケース加工していない、
基板をまだケースに固定していない、
といった、未完成部分はありますが、
このインタフェースで海外と交信した実績ができています。
→ W:4局、B:2局、HL:1局

とりあえず、これまでCWで交信したことがない、
エンティティーGetが目標ですが、このIFさえあれば、
あとは地道な努力のみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原

久々に秋葉原に行ってきました。
(昨年11月のハムって祭り以来?)

目的は現在製作中のデジタルモードインタフェースの
不足部材の調達です。
いつもなら通販でちょこちょこ買うんですが、
なんとしてでも数日中に完成させて、GW中に運用したくー!
→ 4月末、マルツパーツが送料無料セールやっていたので、
    そこでも購入したのですが、それでも足りないパーツがあったので。。

午前は車の免許の更新で、川崎駅にある川崎警察署(即日交付)まで行って、
その足で秋葉原へ向かいました。
夕方は犬のトリミングを予約してあるので、15時前までには家に戻る必要があり、
正味1時間半程度しか秋葉原に居られないのですが、
まぁ、十分でしょう。(GWだし、折角なのでもう少し居たいが)

まずはaitendoへ向かいました。
AKBカフェの前を通り、線路沿いを真っ直ぐ進みます。

高架下にゴーカートが並んでいるのを発見。

Img_20170502_122644

町中で走っているマリオカートの基地でした!
近くにマリオだとかクッパの衣装を貸す店もあり、
海外の旅行客が集まっていました。
カートにはちゃんとナンバーも付いてました(当たり前!)

で、肝心のaitendoですが、営業時間が13時~だったので
残念ながら諦めました。また次回行きたいと思います。
(通販はよく利用しているんですけどね。。)

気を取り直して、千石通商秋月電子の界隈に直行します。
千石は3店舗並んでいたのが2店舗に統合されていました。
秋月は相変わらず混雑しており、スペーサ・ネジ類を購入。
(ネジだけでも近くの店には売っていないので。。)

あとは、メイドさんを横目で見ながら、東京ラジオデパートをぶらっとして、
ラジオセンターへ行きました。
欲しかったのは、ちょっとした工作に使用するビニール線の詰め合わせと、
本命のデジタルモードインタフェースに使用する6芯ケーブルです。
以前、通販で購入したのですが、
1sqrだったので、ケーブルが太すぎて使いにくいので、
0.5sqrで良いので細い多芯ケーブルを探してました。

最初に寄ったお店はタイガー無線
ここでビニール線10色×2mのセットを購入(\600)。
こういうのなかなか売っていないんですよね。。。
バラで頼めば良いだけだと思うのですが、ポンって気軽に買えるのがいい。

このお店では多芯ケーブルの扱いはないとのことなので、
次に寄ったのが、九州電気
サンプルも置いてあり、お店の人に聞かなくても、細さが確認でき便利。
6芯ケーブル×3mで\292。安い。
シールド有?って聞かれて、なしで、って答えちゃったけど、
後から考えてみれば、5芯のシールド有の方がベストだったと思う。

まずはこれで運用してみて、問題があれば改善ということで。。。

Dsc_0006



これで買い物完了なので、昼食タイム。
時間があれば、万世橋でステーキでも食べたかったですが、
ここ最近、秋葉原へ行ったら必ず食べるケバブを今回も食べました。

Dsc_0005
Dsc_0004

今回は秋葉原駅すぐ近くの店(屋台)で食べたのですが、
周りのパン生地(?)が固めでイマイチ。
ソースは辛いのが苦手なので中辛(Mix)を選んだのですが、
辛(Hot)でも良かったかも。
でも、今やっているかわからないが、
ドスパラの近くの店の方が美味しいと思う。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モールス練習機の製作2

昨日ブログに書いたモールス練習機製作の続編です。
あれからWebを探して、トランジスタ回路を使用した発信器
ブレッドボードで製作してみたのですが、
使用するスピーカによって音が出なかったり、
期待していた綺麗なトーンが出なかったので、
まずはPICで作ってみた回路をプリント基板で製作してみることにしました。



170109_

部品点数は少ないですが、配線で少し時間がかかりました。
上の端子は電源、左の端子にはスピーカ、、下の端子にはKEYがつながります。

回路図は以下となります。
 
170109__2

コードはこちら (mikroC v7.0.0で作成)
「morse.c」をダウンロード
「morse.hex」をダウンロード


回路およびコードともに、Webで拾ってきたものの組み合わせなので、
自分でゼロから作ったわけではありませんが、
組み合わせるのにもそこそこ苦労しました。(初心者なので。。。)

出来栄えは、ボリューム制御はできませんが、
トーン調整は可能で、そこそこ満足の出来だと思っています。

暇な時にでも、ケースに入れて使用したいと思います。
 
なんだかんだで、3回路くらい作っちゃいましたが、
本格的なものを作ろうとするとオペアンプを使ったりしたくなりますが、
PICとNE555の組み合わせで面白そうなものも発見したので、
暇があれば、そちらの方にもチャレンジしたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

モールス練習機の製作

昨年末にストレートキーを購入し、練習を開始しましたが、
リグは常設ではないので、打鍵しても音が出せる環境がなく、
カタカタやっているだけでは感じがつかめないので、
モールス練習機を製作しました。

エレキーではないので単なる600Hzの発信器とスピーカだけで良いのですが、
いつも利用させてもらっているaitendoに398円のキットがあったので

購入してみました。

170108_

これだけのパーツが全て入って398円はめちゃ安です。


170108__2

ICは直付けじゃなくてICソケット付きで、
電源とスピーカもターミナル端子で挟む形になっており、
贅沢な(?)内容となっています。


170108__3

なんかデカイ部品が入っているなー、と思ったら、
電鍵の代わりのマイクロスイッチまで入っています。
必要ないんですけど。。。


170108__4

ほとんど時間はかからず製作完了!
→ 一番時間がかかったのは、抵抗のカラーコードが読めなかったところで、
    結局、テスターで測りました。。。

音が少し大きいのと、トーンが安定しない。。
まぁ、安いのでガマンかな。

回路の抵抗をVRに変更すれば、発信周波数の可変も可能だと思いますが、
やっぱ、もう少し良いものが欲しくなってきました。

実は、PICでも製作を進めていて、ブレッドボード上では動作確認も終わっており、
あとはユニバーサル基板にハンダ付けすれば良いところまでできているのですが、
上記の理由から、アナログ回路でちゃんと作った方がいいかな、
と思い始めているところです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)