FT8を運用してみました

FT8の運用ができるようになったのと、
同じJTDXを使用しても、JT65とは差分がありそうなので、
とりあえずやってみるしかないかな、ということで、
まずは7Mでの国内QSOをトライしてみました。

土曜日は仕事の休日対応があり、お休みではなかったのですが、
大きな対応はなかったので、テレワークということもあり、
状況を見ながら、FT8運用を実施してみました。
→ こういう時はテレワークいいですね。
(時給労働ではないので、給料ドロボーでもないですし。。)

国内であれば、聞こえていれば、応答してもらえる感じ。
レポートを見ると、JT65の時もそうでしたが、
6dB以上の差で返ってくることが多く、
出力電力および短縮アンテナの影響だと推測しています。
使用しているリグはIC7300Mなので、
送信電波は比較的、キレイだろうと思っていますが、
50W出力なので、仕方ないのかもしれません。
JT65の時もそうでしたが、謳い文句は5Wでも楽しめる、でしたが、
やはり、送信電力を上げている局が多いのは、FT8も同じなのかな。。

その後、14Mや7MのDXバンドでも運用してみましたが、
DXはその傾向が顕著だと思います。。。
(レポートの差が6dBで済まない場合が多い)

それと気になるのが、国内QSOにおける移動運用地の伝達ですね。
川崎に転勤になってからは、移動運用はほとんどせず、
自宅からの運用のみとなっていますが、
8エリアのコールで運用しているため、横須賀に居た時もそうですが、
必ず"/1"を付けて運用しています。これが面倒でたまらない。。
"/1"の部分は送信義務はないらしいですが、
"/1"を付けると運用地を聞かれるケースも多く、
国内的には実質的に必須なのかなとも思っています。
→ 実際、DX交信においては意味がないので、日本国内での運用であれば、
    "/1”は付けずに運用しています。
   (JIDXだけはルールで指示されているので付加していますが、おかしいと思っています)

FT8での話題に戻ると、15秒の通信期間においては、
13文字しか送信できないので、ポータブル運用局同志だと文字切れとなるため、
工夫が必要となっているようです。
そういえばJT65の時もそうだった気がしており、
コールサイン送出では"/1"は付加せず、
交信の最後で、"/1 C110304 73"を送信していたことを思い出しました。
JT65の時は送信間隔にも余裕があり、かつ、自動Seqではなかったので、
良かったのですが、FT8は自動Seqが基本で、かつ、15秒毎に送受信があるため、
最初はなかなかうまくJCCを送信することができませんでした。
今もどのタイミングでJCCを送信すべきか、もう少し勉強しなければならないと思っていますが、
土曜日だけで30局以上と交信できていますが、なんとかなっているようです。
ヘンなタイミングでJCCを送付すると、JT8ソフトで誤動作する場合があるとの情報もあり、
もし情報がある方がいれば、アドバイスいただけると幸いです。
→ 自由文の送信もイマイチやり方がわかっておらず、合わせて教えてもらえると助かります。

以下は、現状の交信シーケンスです。

CQ JA1xxx
JA1xxx JJ8GFL PM95
JJ8GFL JA1xxx R01
JA1xxx JJ8GFL -04
JJ8GFL JA1xxx RR73
/1 C110304 73   ← 現状はここでJCCを送信

 

----- webで検索した感じでは、下記のようにすべき、との意見あり -----

CQ JA1xxx
JA1xxx JJ8GFL PM95
JJ8GFL JA1xxx R01
JA1xxx JJ8GFL -04
JJ8GFL JA1xxx RR73
JA1xxx JJ8GFL 73
.....
/1 C110304 73   ← 73を送出後、次のSeqでJCCを送信
※相手局はこのタイミングでは既に次のCQを出し始めている可能性があるので、
   ここで送信すべきではないと私は考えています。。。
   (この内容はデコードできるのかもしれないが、ログ情報として取り込むことは厳しいと推察)
   → これを受信したCQ局は、もしSeqが誤動作すうようであれば、
       申し訳ないが、Seqを一瞬止めてもらって、
       再度、CQ動作を開始してもらいたい。。。

 

| | コメント (0)

FT8デビューだったみたい。。?

かなり前にFT8の局面申請を終えた記憶がありますが、、、
どうやら、やっとFT8デビューした模様。

無線機周りを整理して、少しは片付いてきたので、
FT8でも初めてみるかと思い、PC上のJTDXのupdateを行い、
IC-7300とUSBケーブルで接続してみました。
(ちょうど、ALL ASIN DX CW、開催されてましたけど。。)

IC-7300とUSBケーブルの接続そのものは、単にUSBケーブルを挿すだけなので
特に記載するまでもないのですが、JTDXでCATテストにpassするのが大変でした。
JT65で確認済だったので、特に苦労しないはずだったんですけどー、
なんでここでつまずくの?
過去の設定(当ブログ)を確認したり、Webで検索したりして、
諦めかけたところ、何とか繋がりました。
→ FirmWare updateの際に、何かが変わったのか。。

一応、念のため、今の設定を画面キャプチャ。

(SET→外部端子)

20200623_013600

20200623_013607

20200623_013612

20200623_013616

(SET→外部端子→CI-V)

20200623_013637

20200623_013643


webを調べていたら、フィルタの設定をしている人がいたので、
とりあえずやってみました。

FIL1の帯域を3.6kへ(元の値は忘れた。。マズい)

20200623_013749 

 

一方、JTDXの設定は以下を設定

202006231 

 

JTDXの周波数設定も消えてしまっていたので、
webで調べてFT8の周波数だけをとりあえず設定。(読めるかな。。)

202006232


これで準備OK!

202006233

やっぱ、局がぞろぞろとデコードされるとうれしいですね。。

とりあえず、周波数を7.041MHzに設定して、
国内オンリーで交信をトライ。
まずは強そうな局を見つけてコールしてみた。。
イマイチ感触なし。
なぜか、別の局が2局ほど自局を呼んでくる。。
FT8ではお初だからか。。
強そうな局を選択してダブルクリックしてみる。
ここら辺は、JT65やっているので、そんな感じかって感じー。
イマイチ感触なし。
やっぱ、FT8の操作方法をちゃんと理解してから
トライしなきゃダメねー、って思い、
CQ誌の付録を読み始める。。
なんか文字を読む気がしないので諦め。。
そうも言っていられないので、ログを確認。
あれ、最初にコールした局から応答来てたわー!
レポートも交換していた模様。。
次に呼んできた局のログも確認。
ちゃんと応答して、レポート交換してるー!
JT65と違って、勝手に交信が進んでいたのねー!
ある意味ヤバい。。。
こりゃラクだわ。
DXとか複数同時に交信できるモードもあるようでいいかも。
感度で言えば、JT65の方が良さそうだけど、
1交信に最低、4,5分かかるよりはいいかも。

FT4っていうのもいつの間にか出てきたようなので、
少し遊んでみようと思います。
→ 最近、あまりアクティブじゃなかったですが、、
    これなら、テレワークの合間にできちゃうかもーーー!

 

 

| | コメント (2)

CI-Vインタフェースの製作 (FT234X)

IC-7300とPCの接続をいろいろトライしていますが、
COMポートが1つしかないので、いろいろ制約があり、
今後、苦労すると思うので、CI-Vも併用できるようにしようと思います。

かなり以前にヤフオクで購入したCI-Vインタフェースがあったので
引っ張り出して接続してみたのですが、全然認識しない。。。
(以前は認識していたのですが。。。壊れたのか、Win10用ドライバ?)

購入しようかとネットを調べてみたのですが、
よく考えてみると、秋月電子で買ったUSB-シリアルIF変換モジュール(FT234X)が
手持ちであることに気付き、急遽、自作することにしました。

20180408151142

とりあえず、動けばいいので、ユニバーサル基板に実装しました。
FTDIからドライバをインスートルし、COMポートが見えるようになったので、
Ctestwinを起動してみましたが、なぜか認識されません。
わからないので、製作に失敗したか、、、と思いつつ、
そのまま寝てしまったのですが、翌日デバイスマネージャを見てみたら、
別のCOMポートとして認識されており、うまくいきそうな雰囲気。。

今日はここでタイムアップですが、また少しづついじってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IC-7300各種設定

仕事が忙しく、やっと入手できたIC-7300に触れることもできない
状況が続いていましたが、今週末、やっといじることができました。
(とは言っても土日も家で仕事していて、いじり始めたのは日曜の夕方前から。。。)

まずは、ブログ用に(?!)、画面のキャプチャ設定から。。
→ このブログは自分の備忘録がメインなので!

20180401_173059

↑これでPowerキーをチョンと押すだけで、
リグのLCD画面キャプチャがSDカードに保存されるようになります。

次は外部端子の設定画面に移ります。

20180402_001451

20180401_221744

20180401_173240

20180401_224507

特に4枚目のメニュー画像の"USB SEND"については、
これをONすると、制御ソフトウェアによっては、
制御ソフトウェアを起動すると、TX ONになってしまうので
要注意です。(これを解消するのに、試行錯誤に結構時間がかかりました)

あとは、CI-Vの設定です。

20180401_230241

20180401_230235


CI-Vボーレートは19200に設定、CI-V USBポートを
「REMOTE」から切断に設定。CI-Vアドレスを設定して完了。


これで、"HAM Radio Deluxe"も動作するようになったので、
"RA-BA1"も動作可能だと思います。
JT65の通信は未実施ですが、JTDXも送受信とも制御可能なことも確認完了。

あとは、IC-7300のシリアルポートは1つしかないため、
それを実現するためにVSPEなどを導入してトライしたいと思います。
→ PCのOSがWin10 64bitなので、VSPEが有償なのが気になりますが。。。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

FT8追加の局免更新状況3

Ft8_180104

今日、電子申請の状況を確認してみたところ、
「審査終了」になってました!

通知は明日かな。。。

申請から1カ月ちょい。
11月下旬には申請するつもりでいたので、

やはり、思い立ったらすぐに申請すべきでした。。。

でも、正月休み前に局免がおりていたとしても、
運用できなかったような。。。
→ 今年は6連休でしたが、何もできなかった。。orz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

FT8追加の局免更新状況

12月2日に局免変更申請を行った、FT8モードの追加ですが、
あれから2週間が経ち、どんな感じかな、ということで
電子申請の状況を確認してみました。

20171217_jt8
こんな感じで、とりあえず、受理はされているようです。
処理において、どのようなプロセスがあり、
画面上、どのような表示になるのかはよくわかりませんが、
少なくとも審議中ではないのかな。。。

年の瀬も迫っている中、年末年始休暇にFT8のトライができるかどうか?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

デジタルIF完成

GWの前半で動作できるところまで製作したデジタルモードIFですが、
先日のブログで記載したように、一部未完成でしたが、
やっと部品が揃い、完成しました。
(本当は2台目のリグの結線はまだなのですが、使用する予定はないので。。)

20170507_if

正面から見ただけだと、先日ブログに載せたのと変わりないです。

20170507_if_2

USBインタフェースがケースに実装され、
ケースのフタを閉めて運用できるようになりました。

USBコネクタを基板orケースに実装するのが面倒で、
かつ、強度的には不安だったので、
こんなUSBケーブルをネットで見つけたので購入してみましたが、
ケーブルも短めで良い感じだし、ケースにもバッチリ固定できました。
(ケースの穴あけは大変でしたが。。)

20170507_if_3
20170507_if_4

既に国内外の60局程度と交信していますが、
これで今までより少しはアクティブになるかな。。。
→ 海外向けは空振りばかりですが!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

デジタルIFの製作

かねてより計画していたデジタルモードIFを
今回のGWを活用して完成させることができました。

10年近く前にPSK31用に製作したインタフェースはあるのですが、
アイソレーションという意味では十分ではなく、
かつ、レベル調整がケース内の半固定抵抗で行いようになっているので、
常に微調整を行いたい場合には、ケースを開けなければなりません。


Dsc_0002

上のインタフェースがそれです。
バンド変更するたびに微調整が必要なので、
やっていられません。。

そこで、今回製作したのでこちらです。

20170504003544

20170504003535

20170504003055

特徴は以下。
  ・アナログAudioは敢えて外付けとし、
    トランスでアナログ的にアイソレーションを強化。
  ・PTT、FSK、CWの信号については、
    フォトカプラでアイソレーションを強化。
  ・Audioの変復調信号については、ボリュームを外付けにすることで
    バンド毎の微調整ができるようにした。
  ・切り替えSWを付け、リグを2台接続できるようにした。

現状、2台目のリグの結線はやっていない、
USBインタフェースはまだケース加工していない、
基板をまだケースに固定していない、
といった、未完成部分はありますが、
このインタフェースで海外と交信した実績ができています。
→ W:4局、B:2局、HL:1局

とりあえず、これまでCWで交信したことがない、
エンティティーGetが目標ですが、このIFさえあれば、
あとは地道な努力のみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB Audioインタフェース

JT65にデビューしたばかりで、やりたい盛りではあるのですが、
先日ブログで書いたように、もう少し設備を強化して運用しようと思い、

今はワッチすらしていません。

いまやりたいことは、2つ。
①無線受信環境の改善(ノイズの低減)
②デジタルインタフェースの改善(レベル調整)

①は試行錯誤で少しづつ継続するつもりですが、
②については、バンドチェンジ毎にレベル調整が面倒で、
なんとかならないか、と思っています。

今、使用しているインタフェースはケースの中に半固定抵抗があり、
レベル調整はできるものの、ケースのフタは開けっ放しで
ちょっとカッコよくないし、やりにくい。

ということで、デジタルモードインタフェースを再度製作中です。

最初はケーブルも沢山繋げなきゃいけないのを解消させるために、
USBケーブル 1本のみをコンセプトに設計しており、
USB Audio変換を内蔵する予定でしたが、
普通の音楽再生に使っていたところ、ノイズが乗るのでこれはNGと判断。
泣く泣く、外付けにすることにしました。

何か良いのはないか探していたところ、
amazonで安くて評判が良さそうなものを発見し購入してみました。


Dsc_0003

behringer UCA222というモデルで\3542でした。
本当はBusPoweredではなく、独立電源が良かったのですが、
勘違いして購入してしまいました。
また、USBケーブルもオーディオ用のケーブルを付けようと
思っていたのですが、着脱不可能でした。。。
(酒飲みながら、ポチッとしてしまったせいか。。)
ところが、音質は全然OKなので、とりあえずOKだと思います。
→ 入出力はRCAピンプラグってのが使いにくいが。。

音楽用にもう1個買おうかな。。。
(どうせなら別の種類を買って、聞き比べもいいかも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JT65で海外と交信できました。

今週は会社から帰ってからの深夜、毎日JT65をモニタしています。
最初はやっぱ14MHzかなと思っていたのですが、
なかなかデコードすらできず、夜中の0時くらいじゃダメで、
もっと遅くないとダメかな、と思っていたのですが、
7MHzの方が少しはマシだったので、7MHzにQSYしてみました。
→ 7.076MHzなんで、バンドプラン的には海外交信に限ってのみ
    交信可能なので、JA局とは交信できません。。

そこで、これまで使用していたJT65-HF HB9HQXではなく、
JTDXを使ってみたら、DX局が出るわ出るわ。。。
ウワサには聞いていましたが、ここまで差があるとは!

よくよくワッチしてみると、"S. Africa"、それも数局が毎日、デコードされます。
当然、コールしてみるのですが、コールバックはありません。
デコードされるだけでも感動です。CWでは少なくとも聞いたことすらない。。。


もちろん、S.Africaだけじゃなく、他のDX局も出ていますので、
-20dB以下ではない限り、コールするようにしているのですが、
どの局も全く応答なし。
JT65ソフトを変えたので、レベル調整をもっとシビアにしなきゃダメかな、
と思っていたところ、今晩やっと、W. Malaysiaと交信することができました!

ま、同じアジアなんで、DX局とは言えないかもしれませんが、
初海外交信できちゃいましたー!
→ レベル調整やIF周りとか、ノイズ低減とかもっと頑張って、
    本格的に始めてみようかな。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧